たまち旅第三弾:有馬温泉編

第3回は有馬温泉編です!みなさん有馬温泉といえば、名前のとおり温泉しかないと思っていませんか?それは大間違いなんですねーもったいない!有馬温泉は歴史を感じるポイントがたくさんあるんですよ!日本書紀にも出てくるくらい由来のある温泉へ行ってきました。といっても、予定していたわけでなく、同じ学部の友人1号・2号と午後の授業が無くなってどうしようかと話をしていた時、「どっか行きたいなー」「温泉とか?」「温泉イイネ」「でも温泉ってどこ?」「有馬とか?」「有馬イイネ」「行く?」「行きますか」と、そんなノリで急遽決定。車でも有馬へ行けますが、全員免許を取ってから運転をしておらず「命がけで行くのもな・・」と、電車+バスのルートで行くことに。2号の計らいで梅田地下街の金券ショップでJR昼得(大阪→芦屋)と帰りの普通切符を購入。2号は少しでも安くするために金券ショップを活用しているそうです。(見習おう)JRで芦屋まで行き、芦屋から阪急バスに乗って有馬へ向かいます!

大阪から1時間ちょっとで有馬に到着!(以外と近い)温泉街の雰囲気に浸りながらブラブラ散策。日帰り入浴ができる「金の湯」の向かいにあった有馬玩具博物館へ行く我々。なんでこんなところに玩具博物館?と思ったのですが、その理由はわからずじまいww 中は古い洋風の玩具がたくさんあり、中にはさわって体験できる物もありました。3階では積み木の実演があり、女性のスタッフが様々な工夫で積み重ねていました。その方がおっしゃるには、積み木は非常に頭を使うもので年齢を問わずに遊べる素晴らしい遊びだそうです。実際にやってみると、こんな形にもなるのかと感動しながらも脳が熱くなるのを感じました。普段脳を使っていない反動がこんなにもか・・と悲しさも覚えましたがしかたあるまい。1号は「レゴでよく遊んだわ~」と言いながら夢中で遊んでいましたw

「もうちょっと散策しよう」と、次に行ったのは有馬温泉の銘菓、炭酸せんべいを作っているお店です。とはいえ、これまで炭酸せんべいを見たことも食べたこともないのでどういう食べ物かよくわからず。こんなところに?という坂の途中に店があり、外からは作っている姿を見学でき、中ではできたてほやほやの炭酸せんべいをいただくことが可能。我々もできたて食しました。パリパリでほのかな甘みを感じる炭酸せんべい・・。実家のお土産に買いました。

「せっかく有馬に来たのだから」と金の湯に入りました!鉄分を多く含む湯は体の芯まで温まります。220円で買ったタオルは黄色っぽく変色してしまいました。銀の湯もと思ったのですが、行った時間が遅く、どんどん閉まっていく店と空腹から「戻ろうか」という話になり、バスに乗って戻りました。ほっこりとした気分で有馬の旅は終了。今度は金銀両方制覇して、お金に余裕があれば泊まりたいですね。以上、たまちでした!

たまち旅第二弾:京都・寺社巡り編

BSってなんで京都の旅番組ばっかりやっているのでしょうか・・。旅に興味が出てから旅番組をよく見るようになったのですが、BSで京都ばかり見ているうちに「そうだ、京都へ行こう」って気持ちになり、京都へ行ってきました!京都は観光名所がたくさんあるので今回は寺社に絞りました。

まずは京阪特急に乗って祇園四条へ向かいます。友人に「京都へ行くならバス一日乗車券がお得だよ」と教えてもらったので、バスの車内で一日乗車券(600円)を購入し、目的地最寄のバス停である泉涌寺道で下車。泉涌寺ってどこー!?って思われる方も多いと思いますが、国の重要文化財という由緒あるお寺で、東福寺の近くにあります。お寺はかなり坂を上ったところにあり、大門をくぐり抜けてからも拝観受付まではしばらく歩かなきゃならず、自身の体力のなさを痛感・・。受付のすぐ左に楊貴妃観音堂があり、その名の通り楊貴妃の像が祀られていました。看板を読んでみると、お願いをすれば美人になれるそうで、お守りも売っていました。姉貴に買おうかと思ったけど「ちょっとそれどういう意味よ!!」って一方的にボコられるシーンが浮かんだのでヤメ。男性から女性にプレゼントしない方がいいかもしれません。

バスで八坂神社へ移動。赤い大きな鳥居から入りましたが、さすがにここは定番観光スポットだけあり人が多いです。敷地内を歩いていると長楽館という古い洋館があり、ここでランチができるそうです。もちろんそんなお金はないので、さっさと次へ進みます。彼女ができたらいずれ・・。せっかく近くまで来たのだからと祇園・先斗町を通り抜け。うんうん、実に京都っぽい!w

三条で遅い昼食を済ませ、バスに乗って妙心寺へ移動。実は私の実家が妙心寺の檀家で、小さいころから祖父母・両親から京都に寺があると聞かされていました。大きくなったら行くという夢がやっと叶った次第です。四条大宮から電車で妙心寺へ行くルートもありますが、今回はバスの一日乗車券があるのでバスで向かいます。中に入ってみるとまぁなんと広いこと!入口に見取り図のようなものがあったのですが、まるで1つの町のように広く、また色んな建物があります。中でも退蔵院というところが有名らしく、行ってみれば大きな桜の木がありました。あと狩野元信の書いた絵も展示してあり、日本史で学んだ名前に触れることが出来で感動。ただ、全部を回るのは相当大変そうだったので、北門から入って、南総門を折り返しました。

妙心寺からはひたすらバスに揺られて中書島へ。京都はまだまだ見るところがあって、1年ぐらい住まないと回り切れないなぁーと後ろ髪をひかれながら、中書島から京阪に乗って今回の旅は終了!市バスの一日乗車券があれば京都市内の有名観光スポットをまわれるので、また京都の旅に行こうと思います。以上、たまちでした!

たまち旅第一弾:大阪・北摂編

さて、記念すべき第1回目は大阪北摂巡りです!って、超インドア人間がいきなり海外とか無理ー!!かと言って観光地とか予定組んで行動するのはまだハードル高すぎー!!というわけで、大阪北摂巡りです。超ド田舎出身のたまちからすれば、大阪北摂巡りでも十分立派な旅なんですよ。さて、旅をする!と意気込んだものの、どこへ行くかと考えたとき、地元は電車の本数が少なすぎて、しかもJRしかなかったので、関西の私鉄全制覇してみようと思いつきました。地下鉄沿線に住んでいるので地下鉄から私鉄にアクセスするルートを考えた結果がコチラ!

まず最初に地下鉄谷町線で終点の大日へ行き、大日から大阪モノレールに乗車。万博記念公園へ行ってきました!「芸術は爆発だ!」でおなじみ岡本太郎氏の太陽の塔を見ながら感情を爆発!公園は思った以上に広くて、かつてのパビリオンで使われた建物や跡地を記すプレートから大阪万博の名残が見えました。EXPO CITYを一通り見て、外のベンチで一休み。すぐ後ろに座ってた老夫婦が「ここもすっかり変わって」と昔話をしていて、やたら「千里ニュータウン」というキーワードが出たので気になって調べましたww(このサイト見ましたhttps://senri-newtown.net/history/

その後大阪モノレールで蛍池まで行き、阪急電車に乗り換えて、池田にあるカップヌードルミュージアムへ移動!チキンラーメンは安藤百福というおじさんが大阪池田市で作ったんですよ、知ってましたか!?意外と田舎な場所にあり、中は親子連れや外国人観光客がたくさんいました。一人で来た私にとってはちょっと心細い空間でしたけど、歴代のカップラーメンのパッケージとかチキンラーメンができるまでの工程とか見てたら、そんなことは吹っ飛びました。一人でも結構楽しめました。記念に世界に1つだけのたまちカップラーメンを作って持って帰りました!(300円!もったいなくて食べれないw)

最後は関西の中心地、梅田でシメ!新梅田シティの空中庭園に行ってきました。見渡す限りビルばかり・・と思いきやそうでもないなとw それでも超ド田舎インドア人間の私からしたら結構おなか一杯でしたね。グランフロント大阪に戻り、ルクアのフードホールで晩御飯を買ってこの旅は終了!平日とはいえGW中日にあたるため、どこも人が多くて疲れました。以上、たまちでした!

旅ブログ、スタートします

みなさん初めまして、たまちといいます。テレビとゲームが大好きなインドア人間ですが、最近旅に目覚めました。「なんでー!たまち超インドア人間なのに!」って友人に言われましたが、気づいちゃったんですよー旅の良さに!ていうことで、今回は旅にハマったワケを書こうと思います。

テレビでよく旅番組ってやってますよね。知らない僻地とか海外ばっかり行かされる芸人を見るたびに「あー遠いしお金かかるし海外とか危ないじゃん!家にいるのが一番安くて快適なのになぁー」と言いながら部屋で寝転がりながらスマホいじりながら言ってました。(ハイ、すげー自堕落な人間です)
でもある時たまたまチャンネルを変えると見覚えのある場所がテレビに映ってて、衝撃が走ったんですよ!「うわ、これ地元じゃん!全国放送で地元が映ってるとか嬉しい!」って、ソッコーSNSにUPしてww
番組を見終わてふと「自分は旅番組を見る側だったけど、あっちこっち旅して、今みたいに行った場所がテレビに出たら『あー!あの時行った場所がテレビに出てるー!』ってテンション上がるってことだよな。『ここ行ったことあるわ』って自慢の種も増えるし、会話の幅も広がるよな?」って思ったわけですよ。たまち、初めて旅してみようかなと心が動いた瞬間です。きっかけはすごく自己中なものでしたが、地元を全国放送してくれた某テレビ局に感謝!!(ナルシストかよ!)

たまちは大学進学で大阪に出てきましたが、それまで超ド田舎に住んでいました。ホント田舎すぎて自宅でゲームする、寝る、テレビ見るしかないんですよ。そのライフスタイルが今も続いているワケですが『大学生活をそれで終わらせて良いのか?』という第三者視点の自分もいて。大阪に出ただけでも十分旅している気分ではありますが、さらに自分の世界を広げる旅に出ようと思います!では!たまちでした。